【加賀落雁さぼん 金ながし】  (35g)1個1,350円(税別)

 

金沢東山に構える水野増吉商店よりあたらしい洗顔石鹸が登場しました。

金沢の菓子文化から生まれた落雁。加賀舎密局からつながる石鹸技術。
全国生産量の98%以上を占める金沢の金箔。

石けん職人により一つ一つ丹精込めて作られた落雁のカタチの洗顔石鹸【加賀落雁さぼん】に

金沢産の純金箔を躍らせました。

手作りだからこそ、それぞれ踊る金箔が豊かな表情を輝かせます。

 


保湿成分【大豆種子エキス】を配合。白檀(ビャクダン・サンダルウッド)の香り。
みずみずしく透き通るような洗い上がりでたおやかな肌に。使うたびに心を彩ります。
[旭桜][菊の宴][飛梅][玉紅葉][梅鉢紋]加賀にちなんだ五つの型からお選び頂けます。


純度99.99%の金沢金箔を使用した贅沢な輝きは贈り物、お祝いにもおすすめです。

 

 

RakuganSabon Kin-Nagashi

Kin-Nagashi is the soap that contains gold leaf
made by craftsman in Kanazawa.

This is handmade soap based on Rakugansabon-Mizu-Kagami soap

whish is sandalwood scented-moist rich soap


◆落雁(らくがん)

 

米粉などの穀粉を蒸し、砂糖・水飴などを混ぜ合わせて木型に押し込んで乾燥させた干菓子です。原型は室町時代に中国から伝わったといわれています。金沢では加賀藩主前田家の注力により広く発展してきました。

茶の湯文化と共に、金沢の製菓文化は世界に誇る技術・品質を誇っています

 

◆金箔の効果

 金には古より悪しきものに対抗する金属といわれています。その神秘性のみならず金から発生するマイナスイオンが肌のイオンバランスを整え、きめの細かい健康な肌へと導くといわれています。

 

 

◆金箔と加賀藩

 

 金の塊をひたすらに打ち延ばして作る金箔、金沢では加賀藩祖前田利家が文禄2年(1593年)に命じたことが箔作りの起源といわれています。以来、箔打ちに適した風土・気候を持つ金沢にて技術・文化が受け継がれ、発展しています。

 

 前田家五代藩主綱紀(1635-1724)の命令により作られた加賀藩秘薬【紫雪】にも金箔は使われていました。

 

 金沢・加賀藩と金箔は非常に密接な文化を形成し、健康・美容の文化にも影響を与えたことが伺えます。

 


Google+